学校徴収金管理システム

学校ごとに異なる小中学校の学校給食費・教材費等の学校徴収金の取扱が統一できます。

集金計画から決算報告までの一連の会計処理を行ないます。

未納問題の解消のため児童手当からの天引きを可能とします。

学校徴収金事務についての考え方

徴収金にかかる事務は事務室へ

  • 先生方は、教育・教室運営・児童生徒指導に専念 が可能
  • 先生方の現金や通帳の管理が不要

保護者の目線で

  • 校納金だけのために口座を作りたくない 
  • こどもに現金を持たせたくない

徴収率の向上

  • 口座振替は家計口座で(複数金融機関対応可能)
  • 現金徴収等地域特性に対応

児童手当からの天引き

  • 児童手当システムに連動可能

学校事務の統一化

  • 金融機関主導の校納金システムからの脱却
  • 監査の効率性・厳格性の向上
  • 転任・新任時における事務習得の容易性

 

メリット

◇学校事務の共通化の妨げとなっている学校徴収金(給食費・教材費等)について、市町内小中学校に共通の仕組みを導入し、学校徴収金事務手続や取扱方法を統一できます。

◇教師や事務職員の多忙感を解消するために、購入・集金計画から決算報告までの一連の会計処理を行なうことができます。

◇教材等の購入計画策定がスムーズに行なえるよう、過年度データを有効活用することができます。

◇行政基幹システムと連動して児童手当からの天引きの対応が可能です。